気をつけて!!

利益優先美容室はクチコミ操作も上手

美容室に限らず、様々な職種・業種には

集客ツールのひとつに「お客様の声」や「クチコミ」といったものがあります。

多くのお客様や購入者様は、ショッピングや初めて行くお店、購入の品が

その商品価値の対価に見合うかそうでないか

参考確認として最終的に頼るのがこのクチコミ、レビューだと思います。


当店にいらっしゃるお客様でHP作成のお仕事に就いたのですが

朝礼で「今日は●●の店舗についてのクチコミを挙げてください」と指示がでると

HP管理している店舗さんのクチコミを一日中ひたすら打ち込む

という作業をすることがあるそうです。

行ったことも購入したこともないモノや商品のクチコミを

ただ書き続けるという業務内容についていけず、また腑に落ちず

その後退社されたといいます。

こういうことが実際にあるということは

やはりクチコミはかなり重要だということが伺えます。


さて、

知人のコンサルタントが話してましたが

クチコミを多く頂くためには、

「書いてほしい情報を意図的に与えてこちらの都合のいいように操るといいよ」と。

どうも納得がいかず、聞き流しておきましたが

経営者が利益を優先するために取る手段であると言うことにおいて一理ありますが

技術者として、お客様と接している以上誠実でなければいけないと思うのです。


その知人コンサルタントから指南を受け

無茶苦茶な施術をしながら、酷い仕上がりにも関わらず

「割引する」とか「サービスする」といった

甘い飴をちらつかせ、都合のよい嘘のクチコミを集めている美容室が見え始めたため

これ以上何も知らないお客様が犠牲にならないようにという意味で、

警鐘を鳴らそうと思いました。


また、そういう美容室に限って高料金設定で、

高ければ上手だと勘違いされているようなのです。

これも心理マジック

嘘のクチコミに踊らされてはいけません。


わざと髪を傷めるような施術を行い「傷んだのでトリートメントしましょう」

といって料金を釣り上げる

こんな悪徳・利益主義の美容室なんて許せません。


美容師が扱うカラー剤やパーマ液などの劇薬について

施術されるお客様には知識がありません。

自分の髪を生贄(いけにえ)のような気持ちで美容師にゆだねているのだと思うのです。

ましては初めて行く美容室だとなおさらのこと。

美容師はお客様に対して、薬剤が与えるメリットとデメリットを

隠さず伝えるべきだと思うのです。

当店では薬剤が与えるダメージを直接受けないように

プレ・トリートメント(前処理)で髪の毛を補強して施術します。

また、アフター・トリートメントで保護コートします。

もちろん料金は釣りあげたりしませんし、ダメージを生まないように

施術前よりコンディションがアップするような仕上がりを心がけています。

そしてメニューに記載されているメニュー通りの施術料を頂いています。


そんな私どもの気持ちを感じてくださったお客様が

今のカラーバイカラーを支持してくださっているのだと実感しています。

この春、カラーバイカラーのホームページがリニュアルしました。

まだ制作途中のページもありますが

『本物のクチコミ』を頂戴し、掲載しております。

(まだすべてを打ち込みきれていませんが、マネージャーが頑張っています)

追々アップしていきますので、楽しみにしていてください。

真面目な美容室

那覇市首里にある美容室 hair make Color×Color.の 真面目なオーナーがつづる辛口コラムと真面目なハナシ。